FC2ブログ

今日の覚書から

世界中で二番底ワーニング・サインが点滅中 1

Telegraph (UK) / 2010-06-30 12:29:00


Warning signals of a double-dip recession flash brightly across the world
(世界中で二番底ワーニング・サインが点滅中)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:29 Jun 2010
Global bond markets are flashing warning signals of a sharp slowdown in growth across the world and a possible slide toward a double-dip recession and outright deflation.

世界の債券市場で、世界中での急激な景気減速、そして二番底と全面的デフレへの前進の可能性を報せる警報ランプが点滅している。

The yield on two-year US Treasuries has fallen to a record low of 0.61pc in a flight to safety, a level not seen during the depths of the Great Depression. Ten-year yields dropped below the ­psychologically sensitive level of 2.96pc.

安全圏を求めて資本が逃避するなか、米国の2年債の金利は史上最低の0.61%へと下落した。
少し大きい文字このような水準は大恐慌以来初めて
だ。
10年債の金利は心理的節目となる水準を下回る2.96%にまで下落した。

Such levels are clearly incompatible with assumptions on Wall Street for 3pc growth in the second half of this year. "If the bond market is correct then this recovery could be dead in the water," said Jim Reid, credit strategist at Deutsche Bank. The credit markets tend to sniff out trouble first and have acted as an early warning alert at every stage of the financial crisis over the past three years.

そのような金利水準は、今年下半期には3%の成長を遂げるだろう、とのウォール街での推測と明らかに矛盾している。
「債券市場が正しいのなら、この景気回復は暗礁に乗り上げているのかもしれない」とドイチェ・バンクのクレジット・ストラテジスト、ジム・リード氏は言った。
信用市場は真っ先にトラブルの臭いを嗅ぎ付ける傾向があり、過去3年間の金融危機のあらゆる段階において、早期警戒装置の役割を果たしてきた。
Mr Reid said deflation has emerged as the dominant risk in the West and will force central banks to renew quantitative easing, the Americans "pre-emptively" and the Europeans "only when their backs are against the world".

リード氏は、デフレは欧米の主要リスクとして出現しており、中央銀行は量的緩和策、米国は「先制攻撃策」、そしてヨーロッパは「世界に背を向けている時だけ」見直しを強いるだろうと語った。

Triple tremors from the banking crisis in Spain, crumbling confidence in the US, and a setback in China's leading economic indicator all combined with a vengeance on Tuesday. "The market in risky assets has capitulated ­today amid fears that the ­global recovery is petering out," said Gavan Nolan, head of credit at Markit.

火曜日は、スペインの銀行危機、米国の信用崩壊、そして中国の主要経済指標の後退という三重苦が、凄まじい勢いで合体した。
「世界経済の回復が消滅しつつあるのではないか、との懸念の真っ只中、今日はリスク資産の市場が降伏した」とMarkitのギャヴァン・ノーラン代表は言った。

Rumbling in the background are influential voices warning of a global slide into economic quagmire. Nobel Laureate Paul Krugman said premature tightening in much of the North Atlantic region at the same time would lead to ­disaster. "We are now, I fear, in the early stages of a third depression, primarily a failure of policy. Both the United States and Europe are well on their way toward Japan-style deflationary traps. The Fed seems aware of these deflationary risks, but what it proposes to do is, well, nothing," he wrote.

その背後からは、世界が経済的苦境に陥ることを警告する影響力のある人々の声が聞こえてくる。
ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授によれば、北大西洋地域の大部分で同時に時期尚早な引き締めを行えば大惨事になる。
「我々は今、3度目の不況の初期段階にあるようだ。主な原因は政策の失敗だ。米国もヨーロッパも、日本型のデフレ・トラップに向かっている。FRBはこれらのデフレ・リスクに気付いているようだが、何も提案していない」とクルーグマン教授は記した。

China's Shanghai composite index of equities fell 4pc on Tuesday and is now 55pc below its peak in late 2008. The authorities have been tightening this year to slow inflation and curb property speculation as home prices in Shanghai and Beijing reach 13 times incomes, but it is unclear whether they can engineer a soft-landing in an economy where state-owned banks have built up huge hidden debts.

上海総合指数は火曜日に4%下落し、現在は2008年終盤のピークを55%も下回っている。
中国当局は今年、上海と北京で住宅価格が年収の13倍もの額に達し、インフレと不動産投機を抑制するために引き締めを行ってきたが、政府系銀行が巨額の不良債権を積み上げている経済がソフトランディングに成功するかどうかはわからない。
The Baltic Dry Index that measures freight rates for bulk goods – and watched as a proxy for the ups and downs of the Chinese economy – has dropped by 40pc over the past month.

バルチック海運指数(BDI)はばら積み品の運賃を測定し、中国経済の動向を示す代理指標として観察されているが、この一ヶ月間で40%も下落した。

In Europe, investors remain jittery as the European Central Bank prepares to shut its emergency facility of €442bn (£361bn) of one-year loans, the largest sum ever lent by a central bank.

ヨーロッパでは、ECBが4,420億ユーロ(ECBが貸し出す金額としては最大)の一年ローンという緊急融資枠を閉鎖する準備をしており、投資家の動揺が落ち着かないままだ

A report in the Financial Times that Spanish banks have been begging the ECB to extend the one-year scheme has heightened fears that they are totally shut out of the interbank markets. The shares of BBVA fell 7pc and Santander fell 7pc.

スペインの銀行がECBに一年ローンのスキーム延長を嘆願している、とするFT紙の報道は、スペインの銀行はインターバンク・マーケットから完全に閉め出されてしまうのではないか、との危惧を高めた。
BBVAとサンタンデルの株価はそれぞれ7%下落した。

The ECB is offering a three-month tender on Wednesday, which will indicate how many banks are under strain. Hans Redeker, curency chief at BNP Paribas, said this facility is unlikely to reassure the markets. "This just builds up a tidal wave of short-term funding needs that all need to be rolled over at the same time," he said.

ECBは水曜日に3ヶ月ローンの入札を行うが、これでどれだけ多くの銀行が経営難にあるかわかるだろう。
BNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカー氏は、この融資枠で市場が安心することはないだろうと語った。
「これでは同時にロールオーバーしなければならない短資のニーズを増やすだけだ」

The Spanish cajas or savings banks are clearly in trouble, relying on the ECB for 21pc of their funding. There were signs of an incipient run on Spanish banks on May 7, an episode described by ECB president Jean-Claude Trichet as perhaps the most serious crisis since the First World War. These pressures linger. The Spanish daily Expansion reports that the Bank of Spain has ordered inspectors to track capital flows abroad after the haemorrhage of €18bn in the first half of the year, mostly to accounts in Switzerland, Luxembourg and Ireland.

スペインの預金銀行は明らかに危機に陥っており、資金調達の21%をECBに依存している。
5月7日にはスペイン系銀行で今にも取り付け騒ぎになりそうな兆しがあった。
ジャン=クロード・トリシェECB総裁が第一次世界大戦以来最も深刻な危機かもしれないと評したエピソードだ。
このプレッシャーは消えていない。
スペインの日刊紙、エクスパンシオン紙によれば、スペイン中央銀行は、今年上半期に180億ユーロもの資金が、主にスイス、ルクセンブルク、アイルランドへ流出したことを受けて、査察官に資金の海外流出を調査するよう命じた。

"Foreign capital flight is under way. This can only make matters worse given the climate of insecurity and the country's lack of credibility," said Borja Duran from Wealth Solutions in Madrid.

「海外への資本の逃避が進んでいる。不安とスペインの信頼喪失を考慮すれば、これは事態を悪化させるだけだ」とマドリッドに拠点を置くウェルス・ソリューションズのBorja Duran氏は言った。

The latest twist is a rise in credit default swaps on Italian debt, which jumped 16 basis points to 203 yesterday. An auction of Italian bonds this week went badly, with low bid-to-cover ratios.

最新の予想外の展開は、イタリア債のCDSの上昇だ。
昨日は16ベーシス・ポイント上昇して203となった。
今週行われたイタリア債の入札も低い入札率で失敗に終わった。

The Bank of New York ­Mellon said its flow data had picked up a relentless flight from both Greek and Italian debt. It is clear evidence that the EU's €750bn shield with the IMF for eurozone debtors has failed to restore the confidence of global investors, who fear that the EU's austerity strategy risks setting off a self-defeating downward spiral.

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンによれば、フロー・データはギリシャとイタリア債から資本が逃避し続けている状況を感知した。
EU・IMFがヨーロッパの債務国に7,500億ユーロを融資するユーロ防衛シールドが、EUの緊縮戦略によって自滅的な下方スパイラルを作動させるのではないか、と危惧する世界の投資家の信頼を回復出来なかったという明白な証拠だ。

Spreads on Greek debt have jumped 350 basis points since the EU announced its plan in early May. Portuguese and Spanish yields have both jumped sharply despite direct action by the European Central Bank to force down yields. Private buyers are clearly dumping their holdings onto the ECB as fast they can.

ギリシャ債の金利は、5月上旬にEUが救済策を発表してから、350ベーシス・ポイントにまで跳ね上がった。
ポルトガルとスペインの国債金利も、ECBによる金利上昇を押し下げるための直接入札にも拘らず、急激に上昇した。
明らかに、民間のバイヤーは可能な限りのスピードで保有債券をECBに投げつけている。

Mr Redeker said Japanese life insurers and institutional investors are slashing their ­estimated $700bn holdings of European debt. The funds are being recycled into yen, which reached \107 against the euro yesterday, the strongest in nine years.

レデカー氏によれば、日本の生命保険会社や機関投資家は、7,000億ドルとされるヨーロッパ債券を処分している。
この資金は円にリサイクルされて、9年ぶり最高値の1ユーロ107円
をつけた。

The flight to safety in Tokyo depressed yields on Japanese 10-year bonds to 1.11pc. There are concerns in any case that Japan itself may be sliding back into deflationary deep freeze. Japan's unemployment rose in May for the third straight month to 5.2pc. ­Industrial output fell slightly. Production of capital goods – a leading indicator – fell 4.4pc.

東京への資本の逃避により、日本の10年債の金利は1.11%にまで下がった。
どちらにせよ、日本自体がデフレの泥沼に再び落ち込みつつあるのではないか、との懸念はある。
5月の日本の失業率は3ヶ月連続で上昇して5.2%となった。
工業生産は僅かに下落した。
主要指標である資本財生産は4.4%下落した。

Italy has been largely immune to Europe's bond crisis until now, thanks to high savings. None of its banks have required a rescue. However, fresh threats of secession by the Lega Nord and last week's general strike over austerity measures have revived fears about the stability of the political system.

イタリアは高い貯蓄率のおかげで、これまでヨーロッパの債券危機を概ね免れてきた。
イタリア系銀行はいずれも救済を必要としていない。
しかし、新たな北部同盟離脱の脅威と先週の緊縮政策反対ゼネストにより、イタリア政治システムの安定に関する心配が復活した。

Italy's public debt is the third largest in the world after the US and Japan. Everybody knows that if the crisis ever reaches Rome, the game is up for monetary union.

イタリアの公共負債は、米国、日本に次ぐ世界第3位である。
危機がローマに及べば、通貨同盟もお終いだ、ということは誰もが知っている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

やまとひこ

Author:やまとひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード