スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<フィッチ:米住宅ローンの条件変更、大半がデフォルトへ-WSJ >

6月16日(ブルームバーグ):仏フィマラック傘下の格付け会社フィッチ・レーティングスは、米政府による住宅ローンの返済条件緩和プログラム(HAMP)を利用して返済負担を軽減した借り手の大半が今後1年以内にデフォルト(債務不履行)に陥ると予想している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が16日、フィッチが同日発表するリポートを基に伝えた。

同紙によるとリポートは、HAMPの下で、連邦機関の保証がない住宅ローンの借り手は65-75%がデフォルトに陥るとの見通しを示している。その理由として、そうした借り手の多くがクレジットカードや自動車ローンなどでも債務を抱えているためと説明した。



<米ファニーとフレディ株、NY上場廃止へ-FHFAが指示>

6月16日(ブルームバーグ):米連邦住宅金融局(FHFA)はファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)に対し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)から普通株と優先株の上場を廃止するよう指示した。これを受けて両社の株価は急落した。

  FHFAのエドワード・ディマーコ局長代行は、「現時点で自主的に上場を廃止することは単純に理にかなっており、資産を保持、保護するという管財の目標に合致する」と述べた。

  ファニーメイとフレディマックは住宅価格の急落による損失拡大に伴い2008年に政府の管理下に置かれた。政府が株式の80%を保有するほか、バンガード・グループ、ブラックロック、キネティクス・アセット・マネジメント、カリフォルニア州の年金基金も株式を保有している。両社は今年1-3月(第1四半期)に財務省から1450億ドルの資金注入を受けた。

  スタイフェル・ニコラスのボルティモア部門で株式トレーディングのマネジングディレクターを務めるデービッド・ラッツ氏は、上場廃止となれば、「公的資金の大部分を使い果たしているブラックホールのような両社について、いくらか透明性が失われることになる」と指摘した。

  ディマーコ氏によると、上場廃止が完了すれば、両社の普通株と優先株はOTCブレティンボードで取引される見通し。



<米住宅着工:5月は10%減、一戸建て91年来最大の下げ>(  6月16日(ブルームバーグ):5月の米住宅着工件数は前月比で減少、下げ幅は予想を上回った。住宅購入者向けの税控除措置が終了し、政府支援を失った住宅市場での反動減が示唆された。

米商務省が16日に発表した5月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比10%減の59万3000戸だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は64万8000 戸。前月は65万9000戸と、速報値の67万2000戸から下方修正された。

PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのシニアエコノミスト、ロバート・ダイ氏は「住宅建設業者が非常に不安を感じているのは明らかだ。これまでの回復は穏やかなペースにとどまっており、業者の不安ももっともだ。今後の住宅購入が税控除の効果と反対方向に進むというのが懸念事項だ」と語った。

先行指標となる5月の住宅着工許可件数は57万4000件(前月61万件)と、昨年5月以来の最低に落ち込んだ。市場予想では62万5000 件への増加が見込まれていた。

一戸建ての住宅着工は前月比で17%減少して46万8000戸。景気後退と湾岸戦争突入が重なった1991年1月以来で最大の落ち込みだった。変動の大きい集合住宅は33%増の12万5000戸だった。

       市場規模最大の南部で21%減

地域別では全米4地域のうち2地域でマイナスとなった。特に市場規模最大の南部が21%減と大きく後退した。北東部は6.3%の減少だった。

現在建設中の住宅は年率47万5000戸と過去最低に落ち込んだ。



↓ ↓ ↓


米国が世界中にばらまいた金融化商品の価格決定の元となる住宅価格がいよいよ凋落する事態となってきました。昨年は世界中の中央銀行が紙切れを刷りまくりなんとか凌ぎました(900兆円以上)が、これからはそれも使えません。普通に考えればこの状況を打破するには一度金融市場を焼け野原にするしかありません。あとはその時期がいつになるかだけです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

やまとひこ

Author:やまとひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。