スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAS157

FAS157



適正評価について簡単に説明しよう。米財務会計基準審議会(FASB)の規則「FAS157」によれば、レベル1の資産とは、株式のように市場価格が得られるものだ。レベル2は、市場価格はないものの、市場で観察可能な要素に基づいて価値を評価する資産。そしてレベル3資産は各社が「市場参加者が価値評価に使用すると思われる要素についての独自の推定」によって価値を決める。



レベル3資産が悪いということはないのだが、その定義上、このような資産の評価はより不確実で、バイアスがかかりやすい。レベル3資産は新しいものでもない。大手投資銀行が昨年FAS157を採用するまではそのように呼ばれていなかっただけだ。



モルガン・スタンレーは12-2月にレベル3資産から42億4000万ドル(約4360億円)の未実現純収益を得た。これは同社の税引き前利益のほぼ2倍だった。レベル3のデリバティブ(金融生商品)資産による純収益は83億9000万ドル。同社はこれを損益計算書に載せたトレーディング収益に含めた。これがなければ、同社のトレーディング損益は50億ドルの「損失」となるところだった。



ゴールドマンのレベル3資産による未実現収益は20億7000万ドルで税引き前利益の96%相当だった。リーマンはレベル3の企業株式について6億9500万ドルの未実現収益を計上したが、これは同社の税引き前利益を若干上回る水準だ。



各社の決算の正確性に疑義を呈することがこのコラムの目的なのではない。会計規則についての議論にバランスを取り戻すべきときだというだけのことだ。レベル3資産の上昇を利益として認める規則は、下落時にも各社が正直に申告することが前提となっている。



保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は07年10-12月(第4四半期)に、「スーパーシニア」クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の評価額を115億ドル引き下げた。AIGの言う通りにこれが「幻想」であるならば、モルガン・スタンレーの利益の大きな部分も幻想だということになるだろう。(ジョナサン・ワイル)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

やまとひこ

Author:やまとひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。